「借金問題」は弁護士に依頼すべき!理由とメリットを解説

知らず知らずのうちに借金が膨れあがり、「毎月の返済が苦しく、生活もままならない」「頻繁な督促で仕事も手につかない」など、借金問題で思い悩んでいる人も少なくありません。
しかし借金問題は、法的に適切な方法をとることで確実に解決することができます。
その方法が「債務整理」です。債務整理には、「任意整理」「個人再生」「自己破産」などがあり、債務者(お金を借りている人)の借金額や収入状況などによって、選択すべき方法が異なります。

適切な債務整理の方法を判断するには、法のプロフェッショナルである弁護士のアドバイスが不可欠です。また、手続きには複雑な書類の作成や提出、貸金業者との交渉なども必要になるため、
経験豊富な弁護士に依頼することが大切です。

今回は、借金問題を確実に解決するためには、なぜ弁護士に依頼するべきなのか、理由とメリットについて、わかりやすく説明していきます。

「借金問題」を弁護士に依頼すべき理由

弁護士に依頼することで最善の方法を選択してもらえる

借金問題を早期解決するには、どの債務整理の方法を選択するかが重要なポイントになります。
冒頭でも触れたように、債務整理の手続きには、「任意整理」「個人再生」「自己破産」などがあり、それぞれ手続きができる条件や方法が異なります。

継続的な安定収入を見込める人と、リストラなどで収入が絶たれてしまった人では、選択すべき方法は違います。この判断を誤ると「時間の長延」や「手続きのやり直し」「債務整理が成立しない」、といったことになりかねません。

また、「債務整理を周りに知られたくない」「住宅ローン支払い中の家を残したい」などの場合も
弁護士に相談することで、可能な限り債務者の希望に沿った方法を選択してもらうことができます。
債務整理を検討する際は自己判断ではなく、専門家の判断に任せることが大切です。

貸金業者からの取り立てや督促から解放される

弁護士に債務整理の依頼をすると、貸金業者からの催促や取り立てが止まります。
依頼を受けた弁護士は、各貸金業者へ債務整理手続きを開始する「受任通知」を送ります。
受任通知は法的効力があり、貸金業者は一切の催促や取り立てをおこなうことはできなくなります。取り立ての書類や電話が止まり、精神的なストレスから解放されます。

弁護士ならすべての法的業務を依頼できる

「借金問題」の相談や手続き依頼をする際に、「弁護士」と「司法書士」どちらへ相談するべきか迷われる方もいるでしょう。
弁護士も司法書士も法律の専門家であり、法律に係る業務をおこないます。しかし、弁護士と司法書士では扱うことができる業務範囲に大きな違いがあります。

弁護士は制限なく法的業務を扱うことができる
弁護士は、法的な業務の一切を執りおこなう権限があります。
債務整理の場合は、相談から始まり手続きに必要な書類の作成、貸金業者との交渉をおこなうことができます。また、裁判所に訴訟の代理人として同席することも可能です。
つまり、弁護士はどのような状況でも対応ができるため、最初から最後まで一貫して任せることができるのです。

司法書士は扱える金額に制限がある
司法書士は基本的に、法的書類の作成が主な業務になるため、扱うことができる業務に限りがあります。債務整理の場合、司法書士は140万円を超える案件を扱うことができません。
「1社の貸金業者から200万円を借りている」「1社の貸金業者に、150万円の過払い金が請求できる」というケースでは、相談や交渉も司法書士には依頼できないため、新たに弁護士を探して依頼する必要があります。

司法書士は手続きの代理人はできない
個人再生や自己破産、といった裁判所を介する手続きで、司法書士は依頼人の代理人として裁判所に同席する権限がありません。ただし、提出書類の作成を依頼することは可能です。

借金問題を弁護士に依頼するメリット

貸金業者との交渉や面倒な書類の作成をすべて任せられる

債務整理の手続きで任意整理の場合、貸金業者と金利カットや分割回数などの返済条件の交渉をし、和解します。債務者が直接交渉をおこなうのは、精神的に大きな負担になるでしょう。

法的な知識がなければ、不利な条件での和解をせざるを得なくなる可能性もあります。
また、個人再生や自己破産など裁判所を通しておこなう債務整理は、膨大な書類の作成作業や期限内の提出が必要で、非常に煩雑な手続きになります。
しかし、債務整理を弁護士に依頼すれば、代理人となって面倒な交渉や手続きをすべて代わりにおこなってもらえます。

金利のカットや過払い金が取り戻せる可能性もある

任意整理の場合、貸金業者と直接交渉をして、借金の遅延金や将来金利をカットしてもらい総返済額を減額できるケースもあります。
また、長期間にわたって借金の返済を継続している場合、「過払い金」が発生している可能性があります。過払い金は、法律で定められた利率の上限を超えて払い過ぎた利息で、本来払う必要がなかったお金です。返還された過払い金は、他の貸金業者からの借金の返済に充当することができ、なかには多額の過払い金で借金を全額完済できるケースもあります。
任意整理を弁護士に依頼すれば、過払い金の調査や返還請求の手続きもおこなってもらえるので安心です。

まとめ

  • 借金問題の早期解決には専門家に相談・依頼することが一番の近道。
  • 弁護士に相談することで最善の方法を選択してもらえる。
  • 弁護士に債務整理を依頼すると借金の取り立てがストップする。
  • 弁護士は制限なく法的業務をおこなえる。
  • 面倒な交渉や書類作成も任せることができる。
  • 総返済額の減額や過払い金が返ってくることがある。

借金でどうにもならない状況に陥ってしまったことは、決して恥ずかしいことではありません。
一人で悩みを抱えずに、専門家である弁護士にアドバイスを求めれば、法的な見地に基づいた最適な解決をサポートしてもらえます。

相談は何度でも無料/取り立てストップ/借金問題は法的に減額・解決できます!

0120-479-484
メールでのご相談はこちら 24時間受付