任意整理、手続きの流れと成立までの期間

債務整理の方法の一つである任意整理は、個人再生や自己破産とは異なり、裁判所を通さずにおこなうことができます。そのため、債務整理の中でも手続きは簡易的で、比較的短期間で手続きが終わります。
そうはいっても、借金をしているすべての貸金業者(債権者)と直接交渉をしなければならないため、債務者自身で手続きをおこなうのは困難です。法律の専門家に依頼することが任意整理成立への近道です。具体的にどのような手順で手続きをおこない、成立までにどの程度時間を要するのか解説していきます。

任意整理の手続きの前に

弁護士の無料相談などを利用する

借金問題の解決に、任意整理を検討している場合、まずは弁護士に相談をしましょう。
借金の金額や収入、仕事の状況などによって、任意整理をせずに解決できる可能性もあります。
また逆に、任意整理手続きでは解決ができないケースもあるのです。
専門家の無料相談を受けられる多くの窓口があるので、気軽に利用するといいでしょう。

効率よく相談するには

弁護士の無料相談などは、あらかじめ時間が限られているのが一般的です。
相談を受ける際には、借金の状況がわかる書類を持参しましょう。弁護士は状況判断がしやすくなり、限られた時間内でも的確なアドバイスができます。
(書類が無い場合でも、借入先さえわかれば相談は可能です。)

相談時に持参するとよいもの

  • 借入先の一覧
  • 借入時の契約書
  • 取引の明細書など
  • クレジットカード、消費者金融のカードなど
  • 返済に使っている口座の通帳

手続きの流れ

弁護士と委任契約をする

弁護士と相談の結果、任意整理手続きをおこなうことになれば、弁護士と委任契約を結びます。

受任通知の発送・取引履歴の開示請求

契約翌日には弁護士から各貸金業者(債権者)へ「受任通知」を発送し、任意整理手続きを開始することを知らせます。
受任通知を受け取った貸金業者が、債務者へ直接の督促をすることは法的に禁じられているため、貸金業者からの請求、督促が止まります。同時に、借金の返済も任意整理手続きの終了まで止まります。

受任通知の発送と同時に、弁護士は各貸金業者へ「取引履歴の開示請求」をおこないます。お金を借りた日付や金額、返済などの履歴が記載されている書類で、弁護士はこの履歴をもとに正確な借金残高を確認します。
何社もの貸金業者から借り入れを繰り返していると、債務者自身でも借金額がわからなくなっていることもあり、確認が必要です。

通常、取引履歴の開示は2~3週間ほどですが、業者によっては2ヶ月~3ヶ月もかかるケースがあります。

引き直し計算

「引き直し計算」で、いわゆる「過払い金」の有無を確認します。
過払い金は、法律で定められた金利を超えた、高い金利で払い過ぎた利息のことです。
過払い金により借金が完済している状態となり、さらに借金の金額を超えて過払い金がある場合は貸金業者に「過払い金請求」をおこないます。

また、借金の金額を超える過払い金が生じていなくとも、借金が減るという場合もあります。引き直し計算により返済すべき正確な金額を把握し、請求されている金額の減額を図ることができます。

和解交渉

任意整理では、将来利息や遅延損害金をカットしてもらい、返済総額を減らしたうえで、借金を分割返済できるように交渉をします。親や兄弟から援助がなければ、一括で返済することは不可能なので、分割返済が一般的です。

各貸金業者に同意を得られるように、弁護士が粘り強く交渉をおこないます。
分割で返済する期間は、原則3年、長くても5年です。それ以上長期になると、貸金業者の同意を得られない可能性がでてきます。

弁護士との契約から和解交渉までは3ヶ月~6ヶ月程度ですが、多数の貸金業者から借入れをしている場合は、交渉にも時間がかかります。

和解契約(合意書作成)

交渉の結果、貸金業者(債権者)の合意が得られたら、「和解契約書」を作成します。
契約書には、支払い額や支払い期間などの和解内容を記載し、署名捺印をおこないます。
後々トラブルにならないために書面を取り交わすのです。署名捺印も、債務者の代理人として弁護士が行うことができます。

これで任意整理手続きは終了し、いよいよ合意契約書に基づいた借金の返済が開始になります。

和解ができないケース

条件が厳しい貸金業者もいる

任意整理の場合、ほとんどの貸金業者は和解に応じてくれますが、まれに将来利息のカットや分割払いなどの条件に応じない業者もいます。
そのような場合は、和解できない業者だけ任意整理から外すか、ほかの債務整理の方法を検討する必要があります。

まとめ

  • 弁護士と相談してから任意整理を進める。(無料相談などを利用する)
  • 弁護士と契約を結ぶと受任通知で督促と支払いが止まる。
  • 過払い金があれば借金を減額できる。
  • 手続きに要する期間は概ね3ヶ月~6ヶ月。

任意整理は、「借りたお金を約束通りに返せないので、利息を免除してください」という、債務者の都合をお願いする交渉になるわけです。貸金業者は交渉に応じる義務や法的な強制力は一切ありません。それだけに、交渉力のある経験豊富な弁護士への依頼がポイントになるでしょう。

相談は何度でも無料/取り立てストップ/借金問題は法的に減額・解決できます!

0120-479-484
メールでのご相談はこちら 24時間受付